softbank光(ソフトバンクひかり)の契約更新期間を迎え解除しようとした時のトラブルについて

インターネット

我が家ではインターネットはソフトバンク光を使っております。

理由はと言いますと、、、私が最新のスマホ欲しさに割引に釣られて契約してしまったからですw

私はメイン、サブに加えてipadとソフトバンク尽くしなのでそれぞれの料金に割引が適応されるソフトバンク光の「おうち割」がとっても魅力的に見えました。

これまで、色々な問題点もあったけど、コイツとはまぁまぁ上手くやってこれたんじゃないかなって思ってました。

だけどね、よく考えたらSoftbank光は物凄いエグイサービスでした。かなり嫌になってしまってみんなの為にこの情報を共有したい(悪評をばら撒きたい)のでこの2年間の軌跡をまとめてみます。

 

契約、もしくは継続を考えている方は参考にしてみてください。

 

契約時はメリットだらけ、解約時はデメリットだらけ

 

先月、ソフトバンク光からこんな手紙が届きました。

突然、突き付けられた別れの相談。

私と別れたいなら手切れ金9500円を払いなさいよ。という話みたいです。

基本的にはソフトバンク光を契約期間内で契約解除する場合は9,500円の契約解除料が発生する模様です。そして契約から2年の最後に契約解除料不要期間というものがあり、その期間内であれば契約解除料は必要ありません、という事ですね。

スマホ等でありがちな形ですね。

この期間を一日でも遅れたら契約解除料を払わないと解約できない期間がまた始まる訳です。徹底的にユーザーを拘束してきますね。

初回の2年契約が終わった後くらいもうちょっと自由にさせてほしいですよね。

ソフトバンク光を解約しようとして見えた本当の姿

本当に本当に驚いてびっくりしました。驚きすぎてマジでイライラしました。

特に元々NTTのフレッツ光を契約していて、そこからソフトバンク光へ乗り換えたという方は多いと思うんです。しかしその方々には悲報があります。

 

ソフトバンク光解約後、インターネットが使えなくなります。

 

えっと、色々勘違いがあっても良くないのでしっかりと伝えておきますが、、、、普通ならインターネットが使えなくなるというのが正しいでしょうか。

ソフトバンク光を解約するとNTTのフレッツ光も解約になります。

あまり分からない方に解説をしますが(大したものじゃありませんが)、、、元々、ソフトバンク光というのはNTTのフレッツ光の線を使っています。光を引っ張ってくるファイバー線ですね。

つまりインターネット接続をするには、物理的に光ファイバー線から回線を引き込む必要がある訳ですが、ソフトバンク光の場合はNTTのフレッツ光と同じ線を使っているわけです。

ソフトバンク光との契約を解除する事によって、光ファイバー線自体が使えなくなる(NTTとの契約も解除される)のです。

NTTとの契約が解除されてしまう為に、再びNTTとの契約の手続きを済ませて開通を待たなくてはいけないという事です。

 

えー困るんですけどーーーー(´・ω・`)

 

私がこの件について色々ネットを徘徊して調べた時に、全く同じような意見のブログがありました。

ソフトバンク光を契約してはいけない本当の理由 - 日報
以前下記の記事を書いた。 この記事では、通信品質が悪いからソフトバンク光は契約してはいけない、という事を書いた。 その後私はこのプロバイダを解約しようとして、ソ...

その投稿のコメントには、フレッツに無事に生還できた方もいらっしゃいました。

ゴネれば何とかなるのかもしれないですね。私ももう一度ゴネる事を計画しております(笑)

 

サービスも決して良いとは言えないSoftbank光

 

そもそもソフトバンク光は色々な対応が悪かった。工事日決める時とかに揉めた事思い出します。

契約前、工事費掛からないって言ってたのに契約後に調べてみたら工事費掛かりますってなって、ふざけんな契約しねぇぞって言ったら工事費はタダになりました。

そこまでではないですがソフトバンクのルータを使ったら、それまでよりも遅くなったのは事実です。

ゴールデンタイムくらいは特にきついですねー。

 

そして返却時にも恐ろしい出来事が。

全てのメリットが先にやってきて後からデメリットばかりが襲い掛かってくるシステムの様ですね。

でも、世界の孫さんに直接とは勇気ある行動wwww

 

 

softbank光(ソフトバンク光)のサービスに対して私が思う事

 

多分、全ての根本は2年契約とかにあると思うんです。安く使いたいユーザーが色んなサービスを転々とするのを避けるために作られたルールだとは思うんですけどね。

現状ではユーザーからすれば使いたいサービスから逃げられなくなる枷でしかありません。

毎日毎日、忙しい時間を過ごしている中で無料で解約出来る期間が一か月というのも厳しい限りです。せめて初期の契約期間満了後は解除料無しとか出来ませんかね。それが2年間の契約期間を完走してくれたユーザーへのリスペクトだと思うんですけど。

 

離れようとするユーザーはもうお客様ではないという感じを受けてしまうのも残念でしたね。また戻ってくる可能性だってあるのに。

今回の件で、色々なサービスをソフトバンクにまとめていた僕も「これは流石にソフトバンクとのお付き合いを考えなくてはいけない」となりました。今後の事も含めて料金プランや契約などを見直して後で降りかかる災いを減らしていこうと思います。

コメント