10年振りに海外ドラマ「LOST」を見た僕のレビュー

10年振りに海外ドラマ「LOST」を見た僕のレビュー

※当記事によるネタバレに関しての責任は取れませんのでご了承ください

 

 

 

海外ドラマとの出会いと、もう一度見てみようと思った理由

 

日本人に合うのか、それとも純粋に面白いのか。色んな理由があると思うけど誰でも一本くらいは海外ドラマシリーズを見たことがあるはず。

僕自身も日本で大ヒットした「セックスアンドザシティ」や「24」をきっかけに海外ドラマにのめり込んでいきました。

 

 

当時、大学生だった僕には莫大な時間がありました。

朝は早く起きれないのに、夜は中々眠れないというまさに学生という生活を送っていました。

 

サッカーとゲームくらいしか趣味は無かったけど、とにかく自由に過ごせる時間だけはありました。

振り返れば常に色々な遊びを模索していた気がします。

飲みに行ったり遊びに出掛ければ、とにかくお金を使ってしまいますよね。

自宅で自分のペースで過ごせるDVD鑑賞に目覚めたのもそういう背景があったからこそな気もしています。

そんなこんなで辿り着いたのが海外ドラマ鑑賞だったと思います。

 

「24」、「プリズンブレイク」、「LOST」は日本でヒットした作品の中でも特に僕が好きになった作品です。

ミーハーと思ったアナタ、その通りです(笑

しかし、これらの作品には強烈に人を引き付ける魅力があったと思います。

 

大人になった僕が、24をもう一度見直したても、やっぱりジャック・バウアーはすげぇ人でした。

絶対、上司にしたくない人です。

 

 

年を取った今でも相変わらず海外ドラマが好きで、時間さえあれば何かをしながら良く見ています。

昔と違って今は月額課金方式の動画サービス等が普及しており、DVDを借りなくても場所を選ばず見ることができます。

今回はamazon primeで無料になっている「LOST」をもう一度見直す事にしました。

 

当時、まだ子供だった僕には「LOST」には理解できない事が多く、なんとなくもやもやした気持ちが残っていました。

その為、大人になった僕なら理解できるのではないかと思ってもう一度見てみようとおもいました。

 

 

LOSTの魅力

 

壮大なストーリーと謎だらけの設定

 

なんといっても「有り得ない」というのがぴったりくるくらいの設定。でも僕がLOSTを一番好きな部分でもあります。

そして終わってみて気付かされたストーリーの壮大さ。

 

もっとちっちゃいレベルの話かと思いましたが、ストーリーが進むにつれて話が大きくなっていきます。

 

あらすじをざっくりと・・・

島という強大な力を持つ存在と、それを奪い守る為に2000年前も前に始まった争いを描いた話です。

島の力を利用したいと考える謎の軍団ダーマ・イニシアティブ。

島の守り人ジェイコブと、ジェイコブに利用されてしまう形となった「ほかのもの」

ジェイコブによって引き寄せられた候補者「オーシャニック航空815便の乗客たち」

それぞれの人生とその背景、お互いのメリットデメリットでの駆け引きをしながら進んでいくという構成です。

 

ぶっちゃけこれだけ説明されてもネタバレにならないレベルの謎ドラマですので、まだ見た事ないという方は是非チャレンジしてみてください。

 

 

もう厨ニ病を刺激しまくる謎設定の数々

 

無人島に飛行機が墜落。そこには自然の遺産と先住民、そして廃れた科学。

こんな展開にワクワクしない男なんていないはず(笑

 

 

森の中に煙の化け物がいてシロクマを殺す。

大自然の中に金属で出来たハッチがあって、その中でボタンを定期的に押さないと何かが起こる。

地図上には無い島で特殊な入り方、帰り方が必要。

島に作られた謎の設備、そして細かい仕掛け(もう回転扉とか男心くすぐりまくり)

 

細かい部分まで本当に引き込まれる設定でした。

ヨットとか潜水艇とかもうたまらんわけですよ( *´艸`)

 

 

超個性的なキャラクターと登場人物の多さ

 

LOSTの主要キャラクターはシーズン毎に増えていくので何人とは断定できませんがとにかく多い。

そしてそれぞれのキャラにはかなり濃ゆい過去とストーリーが設定されています。

それがまぁどの方も良い感じに病んでいまして(笑

 

LOSTは本編と平行して「もう一つの話(過去やパラレルワールド等)」が同時に進むのが特徴です。

※後述 「多様性展開」

この「もう一つの話(過去やパラレルワールド等)」が謎解きになったり、ストーリー展開に影響を与えたりする訳です。

みんなが素直に協力すれば早く解決できるのに、見栄を張ったり、恥を隠したり、エゴ丸出しのキャラクターたちがしょっちょう喧嘩をする訳です。

流れ的にはそのキャラクター一人ひとりの行動に対して

「なんでそんなことしちゃうんだよーーーー」

「あ、そういう過去があったのね」

と、過去を知りながら楽しめるのでキャラクター愛が生まれてくるくらい深く知っていくことが出来ます(笑

一人一人の個性が大爆発して度々問題となるLOSTでは推しキャラクターがいたりすると喜怒哀楽出来て楽しめるかもしれません。

 

しかし、毎シーズン毎にしっかりと人員整理されていくのもLOST。

どんどんキャラクターが増えていくので、いらなくなったキャラ(実際には演者が問題を起こしたりしているみたいですが・・・)は脱落していきます。

初期メンバーが脱落していくのを見たりすると、深い悲しみに包まれますのでお気を付けください。

 

ホントに本質がそれぞれ異なるキャラが多いので、かなり好みが別れると思います。

 

 

 

LOSTの良くないところ

 

多数のキャラクターに各々別の問題が持ち上がり、それぞれのストーリーが同時進行する「多様性展開」がLOSTでは特徴となっています。

その為、一般的な一本道のストーリーを好む方にはちょっと受け入れられない部分もあるかもしれません。

フラッシュバック、フラッシュフォワード、そしてフラッシュ・サイドウェイズ。

これらがLOSTを楽しむ為の仕掛けなのですが、これらを気に入らないとなるとストーリーを楽しむのは非常に難しいと思います。

そしてLOSTのエンディングまで楽しむことは出来ないと思いますし、LOSTを理解する事はできないでしょう。

 

簡単に言えば好き嫌いが別れる話ですが、嫌いな人にはとことん合わないそんなドラマかなと思います。

ただ、慣れてしまう部分はあるのでもやもやしながらも見続けて欲しいなぁとも思います。

 

アメリカでも大ヒットした作品ですし日本でもそれなりに人気があった作品です。

それを理由に手に取ってみてはいかがでしょうか??笑

 

 

 

映画カテゴリの最新記事