【モンスト 自演招待】方法・やり方をまとめてみた!注 書きかけ

NO IMAGE

必要なものを準備しよう!

 

1.必要ZIPファイルをダウンロードします

 

① Genymotion

ダウンロードリンク    http://filetrip.net

 

② ARM Translation Installer v1.1
ダウンロードリンク    http://filetrip.net

Google Play ストア を使用する為の関連アプリ
③ Google Apps for Android 4.2

ダウンロードリンク    https://goo.im/gapps/gapps-jb-20130812-signed.zip/

 

 

 

Genymotionをインストールして仮想Andoroid環境を作ろう!

 

 

 

 

 

 

Genymotion に Google Play をインストールしてみよう!

※ Google Apps for Android は4.1~4.4までリリースが進んでいるのでご自身の環境や
エミュレート機種に合わせてご利用下さい。上手く動作しない場合は異なるバージョンを利用するのをオススメします。

ARM Translation Installer v1.1 と Androidバージョン対応の Google Apps をインストール

ダウンロードファイルは解凍せずにZIP ファイルのままにしておいてください。
下記画面でAndroidのシミュレーション画面にドラッグしてください。
※念の為、ファイルは一つずつ移動させてください。

すると、メッセージが表示されます

OKをクリックしないとインストールできませんのでOKをクリックします

 

 

 

 

 

出来上がった仮想Andoroidの設定をしよう!

 

 

 

 

 

Xprivacyのチェック項目はアカウント、ネットワーク、シェル(SUのみ)、識別情報

 

 

 

消去するファイルは cashe・databases・files・lib・shared_prefs・data10 ・data11・data13です。これらのファイルを消去して次へ進みましょう!

 

 

 

 

Genymotion
Genymotion-ARM-Translation_v1.1
gapps(play store)

play storeからダンロードするもの(一覧)
XPrivacy
ESファイルエクスプローラー
モンスト

その他必要なもの
xposed installer(Xprivacyからinstall)

Location Spoofer←をESファイルエクスプローラーでsystem/appにいれる
インストール

Location Spoofer 設定
(グーグルさんがよく知ってる)
東京ドームにセットしておくとよい

 

ESファイルエクスプローラーで下記2ファイル、3フォルダを消す
databasses
files
shared_prefs
data10.bin
data11.bin
data13.bin

XPrivacy起動
メニューボタン→設定→初期化する→今すぐランダム値を設定する→保存

ゲームカテゴリの最新記事