【失敗しないドライヤー選びのポイント】ナノケア?イオニティ?ione?

【失敗しないドライヤー選びのポイント】ナノケア?イオニティ?ione?

こんにちわ!びーです。

彼女のぴーがドライヤーが欲しいとの事で電気屋さんへ一緒に行って来ました。
ぴーは僕のマイナスイオンの出なくなったマイナスイオンドライヤーに愛想を尽かしたんですかね。それでも、まだかろうじてドライヤーなんですが・・・・

 

という事でうちに新しいドライヤーがやってきたので、ドライヤーを買うのに僕たちが悩んで選んだ際のポイントをまとめておきます。

S__4800515

まず売り場へ行ってすぐに、「敵を知らなきゃ戦はできん!!」

価格.comで売れ筋を調べてやりました。

 

そう、ネットの声大事!マジで!
下調べするぜ(ドライヤー売り場で)

 

Baidu IME_2015-10-31_14-13-47

な、なんですか、これは、、、、、。

まさかのパナソニック1強!!まさにPanasonic!!

 

さすがですねぇ。だけどさ、実際どこのメーカーがドライヤー出してるかわかんねぇ。

 

 

そう、ここからが本題。

 

まぁ大体の家電メーカーがドライヤーは出していました。

あんまり聞いたこともないドライヤー専門(というか美容関連)のメーカーもありますね。

 

一昔前はマイナスイオンが出るなんてなったら

「なんてハイカラなドライヤーなんでしょう」ってなったのに

S__4800537

今ではマイナスイオンが出るのが当たり前らしくほとんどのモデルがマイナスイオンとやらを放出するみたいです。
水無いのにどうやってマイナスイオン出すんだよって素人のボヤキは放っておいて話を進めます。

そしてマイナスイオンって個とかの単位で考えるんだね、知らなかったよ笑

 

ドライヤーを選ぶ際に基準にすべきポイント

マイナスイオン量

マイナスイオン放出口数

風量

モード切替(ターボとかクールとか)

 

 

S__4800538

良くわかんないけど、このあたりをチェケラしておけば間違いは無さそう。

基本的にはマジで用途に合わせて選ぶのが大事です。

 

男の人で乾かすオンリーの人は風量優先でいいんじゃないかな。

ターボがあると忙しい時に凄く楽。

 

あとはもうお好みと予算次第。サラサラヘアー追求はお金がかかりまっせ。

 

 

Panasonic(パナソニック)とTESCOM(テスコム)

 

売り場では看板商品的な役割をパナソニックが担いつつ、売り場の半分はTESCOM(テスコム)という商品だったりします。

 

ん?テスコム?聞いたことない。。。。

大丈夫なの?と思いgoogle先生に聞いてみると

google先生「50年もやってる企業だから大丈夫じゃね?」と適当な感じで教えてくれました。

 

価格ドットコムのランキングでもある程度のラインから結構入ってくるTESCOM商品。

どうやら第2、第3勢力くらいに位置しているような感じですね。

商品レビューを見てもコスパが良くて満足との声が多い!!

そこで僕たちも候補にリストアップ!!

 

 

で、僕たちがドライヤーに求めたもの

 

びー:早く乾けば良い&熱いのは苦手なので風が強くて熱くならないドライヤー

ぴー:マイナスイオンたっぷりで素早く乾かせるドライヤー

 

という事で比較的、一致していましたのですぐに決められました。

まぁ色々あってこれにしました。

 

S__4800539

極端な話、マイナスイオンって目に見えないから出てても出てなくても検証できない気が・・・・

でも髪の毛のサラサラ加減とかでわかるんですかね?

ロングヘアーの女性には大事なポイントですよね。

 

 

使用感とレビュー

S__4800542

乾かし方で仕上がりが変わるってのがウリみたいですね。

そしてマイナスイオンパック。うん、まぁ、女子は好きだよね、こういうの。

高級モデルは2万円弱しますが、今回買ったのは4000円くらい。
安い買い物ではないけれど、使ってみた結果、今までのドライヤーとは大違い。

 

S__4800516

まずびっくりしたのは風量、すごく強い~

ボッーーーーって感じじゃなくてゴォーって感じです(わかりづれーよ。)

そして無駄に熱くない!そうこれ!これ求めてた!超大事!

 

 

はい、大満足です。

 男子はさ、乾けばいいんだよねって言ってた僕をぶっ飛ばしたい。
安いドライヤー独特の嫌な感じはしないし熱風が押し付けられてるような感覚にはならないので気持ちよく使えました。
やっぱり値段が良いだけあるんですよねー。
もっと高いの買ったらもっと良い感じなんですかね?
 Amazon ドライヤー売れ筋ランキング
思ったより安いのが売れてるんですよね、やっぱりネットで買うのは男性が多いんですかね。

僕も髪の毛を大事にしなきゃいけない状況になってしまったら良いドライヤー買ってみよう。

M
いっそ、捨てる勇気も必要だと思うの。

家電カテゴリの最新記事